1年目の動作確認。プレッシャーと、安心感と。

これが1年目の仕事?

設計部門で作られたシステムがきちんと動くかどうかを確認する仕事を担当しています。レイアウトはきちんと表示されているか。情報はちゃんと更新されているか。仕様通りの処理ができているか。文面は合っているか。さらには間違った操作をした場合、エラー表示が正しく出るかといったことの確認なのですが、そのために必要なマニュアルも自分で作り、動作確認をするようにしています。これをクリアしないと工程は先に進めませんから、入社して1年目の人間に任せる仕事にしては責任が重く、正直プレッシャーも感じています。

専攻なんて関係ない。

そんな私ですが、大学での専攻は法学部。偶然に取った授業で、プログラミングに興味を持ったのが運の尽きで(笑)、この世界に足を踏み入れることになりました。初歩プログラミングって1か0の世界で、意味不明なソースコードが並んでいるだけ。それなのに、複雑な動きを可能にするという不思議さというか面白さに惹かれたのを覚えています。実際にプログラムを書いてシステム構築するまでにはまだまだですが、いずれはチャレンジしたいと思っています。とにかくやってみて、文系出身の不利さは全く感じていません。

国家資格をめざす。

当面の目標はプログラムをもっと勉強して、自分でプログラムを書くような仕事を任されること。NSDの資格取得支援制度を利用して、ITパスポートや基本情報技術者といった国家資格の取得をめざすつもりです。そうなれば、大学時代に感じた複雑な動きや処理を自分で作る面白さも実感できるようになると思っています。入社前は企業組織って、もっとドライで厳しいかと思ったのですが、先輩をはじめ、周りの方々がとても優しかったのは意外でした。文系の不利さがないことも含め、今はとにかく楽しく仕事させてもらっています。

Natsumi Ohmuro

第一システム統括部
2012年入社
趣味はショッピングや料理作り。
最近のマイブームは沖縄料理。

PAGE TOP